【追跡レポ】OKI高崎事業所/社員食堂改革 環境一新し意識改革促進

2012.09.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

憩い空間で意欲向上 コンシェルジュに栄養相談

Okiteriaのロゴ下にメニューが並ぶ

 沖電気工業㈱(OKI=川崎秀一社長、従業員数・単独3373人、連結1万6736人)では、ATMの設計・開発拠点であるOKI高崎事業所(群馬県高崎市)の社員食堂を50年ぶりに大改装した。目に見える環境変化で、技術者の意識改革を促す取組みの一環。カフェテリアスタイルの内装・設備に充実したメニュー、栄養面の相談に乗ってくれるコンシェルジュ(案内役の栄養士)も常駐する。「リフレッシュできる憩いの時間・空間を提供」し、新たな発想、生産性向上につなげる。料理・健康イベントも随時開催し、食と健康への意識も高まっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年9月17日第2889号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ