【追跡レポ】双日 メタボリックシンドローム対策 食生活改善セミナーを開催

2012.05.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

昼休みに弁当付きで 運動奨励策と両輪展開へ

巡回セミナーでメタボ対策を直接指導する

 双日㈱(東京都港区、佐藤洋二社長、従業員数・単体2256人、連結1万7039人)では、脱メタボ対策の一環として、特定保健指導対象者を中心に「食生活改善セミナー」を開催している。「5色の彩り弁当」付きで昼休みに実施し、必要な栄養バランスを5つの色で確認するだけで手軽に食生活改善に取り組めるようになったと好評だ。健保常務理事が地域を巡回する「脱メタボセミナー」ではメタボのリスクを伝え対策を指導する。毎年「ウォーキングキャンペーン」も開催しており、「食事改善」と「運動奨励」を両輪に健康推進策を展開中である。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年5月28日第2874号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ