【追跡レポ】ハラキン/高齢者活用 求人広告改めて応募者急増

2016.10.26 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

"60歳以上"に照準絞る 前職活かし職場改善も

地域の高齢者の目を引いた求人広告

 キクラゲをはじめとしたキノコ類製造業の㈱ハラキン(茨城県鹿嶋市、原謙次代表取締役、129人)では、ターゲットを絞った求人広告などにより、高齢者の採用・活用に成功している。定年制を廃止しており、「90歳まで現役で働ける企業」をめざしている。長く活躍できるよう多様な勤務体系を認め、互いを尊重し合う職場の雰囲気を醸成することで定着率も98%と高率を誇る。採用した労働者は多様な前職を持っており、専門資格を活かし、作業現場の照度向上といった改善活動を行った例もある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年10月24日第3085号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ