【追跡レポ】大東建託/高齢者活用策 60歳以降も成果主義を継続

2014.03.24 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

実績評価し2コース 定年延長か再雇用に区分

若手現場監督に長年の経験を伝える青山さん

 大東建託㈱(東京都港区、熊切直美社長、社員数・単体9728人)では2013年度から、新たな60歳定年後再雇用制度の運用を開始した。定年到達前(58~59歳)の実績・個人評価基準に基づき、2つのコースを用意している。基準達成者は、仕事も役職も継続し、業績評価によっては処遇が現役時を上回ることもある「定年延長コース」に、未達成者を、処遇は下がるが、業績評価により昇降給のある「再雇用コース」に振り分けている。再雇用後も成果主義を貫くことで、全社員のモチベーションアップにつなげる。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年3月24日第2962号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ