【追跡レポ】不二物産/高齢者活用策 全社員が新技能取得に挑戦

2012.05.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

月1会議で改善案検討 70歳まで働ける環境整備

立ち作業から座り作業への改善で快適に

 建築用サッシの製造・施工を行う不二物産㈱(神奈川県横浜市、齋田順一社長、従業員22人〈子会社8人含む〉)では昨年、65歳定年後70歳まで希望者全員が働ける制度を構築した。高齢者活用に向けたソフト・ハード両面の改善策を数多く実施。多様な働き方を認めるワークシェアリング制度、個人能力に応じた行動目標を掲げる「自己申告・自己宣言制度」を導入した。毎月開催する「合理化会議」で進捗状況や改善提案などを発表。新業務展開に伴い、全社員が新たな技能習得にも挑戦した。できる範囲で向上しながら長く会社に貢献してもらう方針だ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年5月7日第2871号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ