【追跡レポ】ケア21/大手介護事業で定年制撤廃の決断 いつまでも働ける制度に転換

2015.02.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

成長可能性は無限と 「誰伸び制度」が下支え

定年のないスタッフのゆとりが利用者にも伝わる

 介護事業大手の㈱ケア21(大阪市北区、依田平社長、従業員4536人〈正社員1641人、常用パート811人、非常勤・登録型ヘルパー2084人〉)では、昨年4月から定年制を撤廃した。「人はいつまでも成長できる」との信念のもとトップが決断。誰もがリーダーをめざして伸びていける人事制度――「誰伸び制度」がこれを下支えしている。年齢に関係なく、役割等級と役職・職種の分類ごとに「誰伸び給」が決定され、成長度を評価し給与に反映する仕組みで、定年廃止により高齢者の応募も増えるなか、若手社員の定着率も向上している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年2月16日第3005号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ