【追跡レポ】川崎重工業/現場力向上・人財育成施策 ”範師”が1対1で技能伝承

2013.10.28 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

社外大会参加し腕磨く 職場長・班長教育も拡充

範師が後継者に特殊溶接の技能を伝承

 川崎重工業㈱(神戸本社・兵庫県神戸市、村山滋社長、連結従業員数3万4010人)では、生産現場の人財育成と技能伝承の取組みを拡充している。若手対象の「技能資格早期取得奨励制度」や、認定された高度技能熟練者の技能を後進に1対1で伝えていく「範師制度」を導入し成果を上げている。社外の技能競技大会にも積極的に参加。ベテランと若手のペアが長期間、課題に取り組むことで若手の技術力が向上するとともに、工場全体の一体感も高まった。現場の要となる職場長や班長のコミュニケーション力を向上させる研修もスタートしている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成25年10月28日第2942号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ