【追跡レポ】河村電器産業/技能伝承策 ものづくり学ぶ道場を開設

2015.08.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

危険体感教育も充実 専門家集うサミット開催

安全道場のKYT教育訓練で危険箇所を指摘する

 河村電器産業㈱(愛知県瀬戸市、水野一隆社長、従業員数・1881人)では今年4月、本地工場敷地内に、人材育成と技術研究の拠点となる「ものづくり道場」を開設した。実際の生産設備を備え、基礎からものづくりを学べる体制を確立し、新入社員をはじめとする社員の研修などに活用している。施設内には、現場で起こる危険な事例を疑似体験できる「安全道場」も設置し、安全意識の向上につなげている。課題の共有・解決に向け、全国の工場から専門分野のプロが集い議論する「ものづくりサミット」も新たにスタート。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年8月10日第3028号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ