【追跡レポ】カルピス群馬工場/技術継承策 世代交代見据え集中研修

2013.08.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

現場力の底上げ図る エルダー社員が講師役

工具取扱いの基礎を若者に教えるJITメンバー

 カルピス㈱(東京都渋谷区、山田藤男社長、従業員数841人)では、世代交代を見据えた技術・技能の継承に向けて人財育成システムの再構築を行った。大量の定年退職が発生する群馬工場で、昨年11月、定年直前のベテラン3人を中心とした「人財育成チーム」による教育プロジェクトがスタート。再雇用のエルダー社員25人とともに、週3回実施する講義を通じて現場社員の技術レベル・体系的知識・経験値の底上げを図った。全員のレベル把握を終えた今年から、リーダークラスを中心に展開し、同クラスが現場で指導できる態勢づくりを進めている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年8月12日第2932号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ