【追跡レポ】多摩エレクトロニクス/人材育成制度 Web活用し提案活発に

2015.11.16 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

技術力・経営力培う マスター手当の支給も

実験計画法を学ぶ社内研修で講演する坪根社長

 多摩エレクトロニクス㈱(東京都八王子市、坪根衡社長、従業員数198人)では、次世代を担う人材の育成に力を入れている。必要な知識等を定めた「資格要件表」に基づき、技能や能力に応じた賃金を設定する一方、資格に応じた「マスター手当」も支給。作業者個人別のOJT計画を作成してきめ細かい指導により技能伝承へ。Webを活用した「おてがら改善提案制度」を設け、社員個人・チームからの有用な改善案を表彰している。平成27年度「東京都中小企業技能人材育成大賞」優秀賞を受賞した同社の取組みを紹介する。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年11月16日第3041号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ