【追跡レポ】能美防災/自立型人材育成策 自主勉強会で「前向き姿勢」学ぶ

2013.11.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

全体・個別の2本立て 対話通じ世代超えた交流も

全体会合でのグループ討議で真剣な議論(写真1)

 防災事業最大手の能美防災㈱(東京都千代田区、藤井清隆社長、連結従業員数2206人)では、昨年から「自立型」姿勢の習得と実践に向けた公募制の自主勉強会をスタートさせた。「もっと学びたい」という意欲的な社員のニーズを反映。外部の専門講師の講義と参加者のグループ討議を組み合わせた「全体会合」の後、社内講師を中心にチーム単位で月1回×4回実施する「個別会合」の2本立て。明るく元気で前向きな姿勢を育むとともに、世代を超えた参加者同士の交流が生まれ、コミュニケーション醸成にも一役買っている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年11月4日第2943号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ