【フォーカス】アイアンドエルソフトウェア/人材育成策 全体理解へC言語叩き込む

2017.09.13 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

入社3年は教育期間 外部など3種の研修用意

 ソフトウェア開発をするアイアンドエルソフトウェア㈱(東京都新宿区、吉岡朗代表取締役、109人)は新卒・中途の採用区分にかかわらず入社3年目までを「フォローアップ期間」と捉え、3種類の研修制度を用意して人材育成を推進している。研修は3年間で60日を超える。コンピューター全体の理解、とりわけソフトウェアとハードウェアの関係性を正しく理解させるために、あえて現場での使用率がトップではないC言語を叩き込む。定着率アップへ労働時間削減にも励む。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年9月11日第3128号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ