【フォーカス】イズラシ/多能工化へマニュアルつくる 写真や吹き出しを活用

2021.10.14 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

未経験者が作業し判定

 未経験者がチャレンジし、作業が完了できたら“採用”に!――輸送用器具機械製造業の㈱イズラシ(静岡県沼津市、堤親朗代表取締役社長、126人)は、全社的に社員の多能工化を推進するため、担当者自身による作業マニュアルづくりに取り組んでいる。マニュアルの合格基準はシンプルで、未経験者がそれに基づいて作業を完了できるかどうか。写真や吹き出しなどを活用し、かつ専門的ではない平易な言葉を使い、手順の分かりやすさや再現性の高さを求めている。各人が対応できる作業とそのレベルをまとめた「教育訓練実施管理一覧表」を用意し、能力の見える化にも励む。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年10月18日第3325号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。