【追跡レポ】JFEエンジニアリン/東南アジア人材育成策 体験型インターンシップを導入

2014.12.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

日本の現場で体験積む 技能実習制度の活用も

生ごみバイオガス工場で研修を受けるベトナム人学生

 JFEエンジニアリング㈱(東京都千代田区、狩野久宣社長、社員数・連結約7400人)では、東南アジア圏の人材育成に力を入れている。昨年度から理系大学生を対象にしたインターンシップ制度がスタート。日本のプロジェクト現場を体験し、自国のインフラ整備で活躍できるプロジェクトリーダーの輩出につなげる。12年間実施している技能実習制度では、元実習生が現地製造子会社の現場リーダー格に育っている。いずれも国際貢献の一環だが、2つの制度をきっかけに育った人材が、同社においても今後ますます活躍していく流れができつつある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年12月22日第2998号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ