【追跡レポ】富士ゼロックス/Plism活動 業務時間の10%自由研究に

2015.04.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

技術者へ挑戦意識促す 部活扱いで積極サポート

ロボットコンテストに向けメンバーミーティング

 富士ゼロックス㈱(東京都港区、山本忠人社長、社員数・連結4万5899人、単独8592人)のコントローラ開発本部で取り組む「Plism活動」が評判だ。業務時間の約10%を自由研究に充てることができ、好きなテーマを掲げたリーダーの下に、参加したい社員が集まる”部活”型小集団活動。技術者の「自らチャレンジする意識」を高め、組織全体を活性化させるのが狙い。マネジャーによるアドバイザー(顧問の先生)制度、活動の打合せ優先曜日の設定など、オフィシャルなサポートを充実させたことが定着につながっている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年4月20日第3013号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ