【追跡レポ】日本レーザー/多様な人材育成策 自己成長促す仕組みを構築

2015.12.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

企業理念体現度を評価 基礎能力手当てを導入し

近藤社長が講師となり毎週「社長塾」を開催

 レーザー・光学製品・技術輸入商社の㈱日本レーザー(東京都新宿区、近藤宣之社長、従業員数60人)では、多様な人材の成長を促す育成の仕組みを構築している。「基礎能力手当」導入で能力に応じた処遇を実現。「複数担当者制」により育児中の社員も気兼ねなく働ける一方、教育を充実させ個々がマルチタスクを習得。実務スキルと実績、英語力のほか、企業理念の体現度を重視し総合評価に反映しており、自己成長の意欲が高く他者のために頑張る企業風土が醸成されている。厚生労働省「キャリア支援企業表彰2015」を受賞した同社の取組みを追った。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年12月28日第3046号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ