【追跡レポ】ヤマハ発動機/技術者の発想力醸成策 月1”バトル会”は自由発表の場

2015.09.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

チームごとに準備し 1件2分でプレゼン実施

月1バトル会では自由な発想で技術者が発表を行う

 ヤマハ発動機㈱(静岡県磐田市、柳弘之社長、従業員数・単独1万377人)で自動車用エンジンの研究・開発を担うAM事業部では2009年から、技術者が自由な発想でまとめたアイデアを発表できる場として「バトル会」を月1回開催している。活動チームごとに週1回集まり、アイデアを話し合い、準備を行う。発表当日は、各チームから何人発表しても良いが、1件につき2分でプレゼンする決まり。挙手により最も支持を集めた発表には「今日のホームラン」賞を授与。技術開発に欠かせない発想力を養うとともに、職場活性化につながる効果も。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年9月7日第3031号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ