【追跡レポ】富士通マーケティング/管理職研修 実体験基に相互コーチング

2014.12.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

マネジメント力向上へ 週1回75分で20回継続

マネハブの時間は講師の部長がタイムキーパー役も

 ㈱富士通マーケティング(東京都港区、生貝健二社長、従業員数・連結3461人)では、管理職のマネジメント力強化に向けて「Coaching Ourselves(コーチング・アワセルブズ)」研修を導入し成果を上げている。毎週1回、75分の研修を連続20回実施。異なる部門から選抜された課長同士がグループを形成し、自身のマネジメント経験を振り返って課題などを話し合う。受講修了者である部長が講師役となり進行。新たな気付きと学習成果を職場に持ち帰り実践につなげる。本音の意見交換をとおして管理職同士の絆も深まっている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年12月15日第2997号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ