【追跡レポ】ユニ・チャーム/社内ドラフト制度 各支店が「育成計画書」考案

2016.09.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

フリーエージェントを3年半後に予定 早期成長めざし新導入

発表したプレゼンのなかには本部長クラスの目に留まるものも

 ユニ・チャーム㈱(東京都港区、高原豪久代表取締役社長、1,297人)は今年度から、営業職の新入社員を対象に「社内ドラフト制度」を新設した。本配属先の決定を、人事主導から支店の意向も反映するようにしたもの。具体的には、各支店が策定した育成計画書に基づき、新人研修を行った担当者が、計画にフィットしそうな新人をマッチングしていく。ドラフト対象者は、3年半後にフリーエージェントで他部署へ移籍することも可能。新人の早期成長を実現していくための仕組みとなっている。

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月19日第3081号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ