2週間は自宅待機に 新型コロナへの対応示す ユニ・チャーム

2020.02.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ユニ・チャーム㈱(東京都港区、高原豪久代表取締役社長)は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に備え、罹患者と濃厚接触をした場合には2週間の自宅待機とするなどの対応法を明示したガイドラインを策定、導入した。併せて臨時的な措置として在宅勤務と時差出勤を推奨し、解除連絡があるまでは継続としている。

 ガイドラインでは、罹患者と濃厚接触した場合の対応として、症状の有無にかかわらず…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年3月2日第3247号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ