エルダー社員制度創設 60歳定年後に賞与支給 他社シニア獲得狙う チャーム・ケア・コーポレーション

2017.07.05 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

限定正社員制度も導入

 介護付有料老人ホームなどを展開する㈱チャーム・ケア・コーポレーション(大阪市北区、下村隆彦代表取締役社長、1275人)は7月から、60歳定年後の社員を65歳まで定年時の処遇で継続雇用し、賞与も支給する「エルダー社員制度」を導入した。就労意欲のある社員が働き続けられるようにするとともに、他社を定年退職したシニア層の獲得も狙う。同時に、若手職員のキャリアパス制度の細分化と、夜勤のない「時間限定型」などの限定正社員制度も開始した。5月に実施した手当引上げと合わせて処遇改善をめざす。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月3日第3119号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ