【追跡レポ】七十七銀行「健康管理・WLB対策」 精神科医と産業医契約結ぶ

2016.01.11 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

血液検査は全行員対象 婦人科検診に費用補助も

認定書を受け取る津田政克取締役執行役員人事部長(右)

 ㈱七十七銀行(宮城県仙台市青葉区、氏家照彦取締役頭取、2,854人)は行員の健康管理と過重労働防止対策を推進している。行員の健康管理に向けては、平成26年度から血液検査の受診対象を29歳以下にも拡大し全行員にしたほか、婦人科検診費用を一部補助している。メンタルヘルス対策では、早期発見・早期治療、疾患者が出た場合の円滑な職場復帰を図るため、今年度、新たに精神科専門の産業医と契約を結んだ。昨年10月には厚生労働省から安全衛生優良企業公表制度における"認定"も受けている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年1月11日第3048号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ