【追跡レポ】港シビル/中小土木業の女性活躍推進策 ドボジョ 育成プロジェクトが始動

2015.05.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

事務業務を洗い出し ”技士資格取得”も支援

”ドボジョ”精鋭部隊(左から細淵・和田・玉城の3氏)

 土木事業を手がける港シビル㈱(東京都港区、倉本眞澄社長、従業員数15人)では、東京都「女性の活躍推進事業」の採択を受け、「”ドボジョ”育成プロジェクト」を推進している。「職場環境の整備」「職域の拡大」「テレワークの構築と運用」などに取り組み、3年間で計3人を採用する。新たな職域として立ち上げた「施工管理事務」として第1号が誕生しており、就業時間にCADなどのスキル修得講習を受講中だ。将来の技士資格取得もサポートする。ワーク・ライフ・バランス重視の経営を標榜する同社の新たな人材活用に向けた取組みを追った。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年5月25日第3018号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ