【企業を守るメンタルヘルスリスク管理術】第11回 休職命令時の注意事項 欠勤日数など要件順守 怠れば無効になる恐れ/岡芹 健夫

2013.03.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

自覚なくても適用を

1 メンタルヘルス不調者による労務提供不能と休職制度

① 休職制度適用の検討の必要性

 従業員がメンタルヘルスの不調により就業(労務提供)ができない場合、雇用される使用者の事業場の就業規則に休職制度の規定があれば、使用者としては、休職制度の適用を考えることとなる。また、休職の適用を抜きにして労務不提供を理由に当該従業員を解雇することが原則としてできないのは、本連載第9回にて述べたとおりである。…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 岡芹 健夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年3月25日第2914号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ