【企業を守るメンタルヘルスリスク管理術】第16回 復職時の業務 配置転換も検討を 休職原因が人間関係なら/米倉 圭一郎

2013.05.06 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

通常は原職復帰

 メンタルヘルスの不調を原因とする場合に限らず、私傷病により休職している労働者の復職の要件は、休職前の業務を遂行することができる程度に健康状態が回復しているか否かであることからすれば、復職時の業務は、休職前の業務と同じものとするのが通常である。

 実務的にも、労働者に過度な負担とならないようにするために、従前の慣れている業務に従事させることが多く、また、労働者の側にしても、復職時には休職前の業務に従事すると考えていることが一般的であろう。…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 米倉 圭一郎

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年5月6日第2919号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ