【企業を守るメンタルヘルスリスク管理術】第20回 復職者の降格と賃下げ② 本人から同意得る 一方的な実施は紛争招く/安倍 嘉一

2013.06.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

業務軽減に応じて

 前回に続き、メンタルヘルス不調者の復職後の処遇の問題を取り上げる。

 すでにこれまでの稿でも述べているように、いわゆるメンタルヘルスの不調は、内臓疾患や外傷といった身体の病気と異なり、比較的完治が難しく、再発の危険が大きいことが特徴といえる。そのため、復職に当たっては、パフォーマンスが休職前の状態よりも低下していたり、あるいは再発を予防するため、負担の大きい業務に就けさせられないといった状況もしばしば見受けられるところである。…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 安倍 嘉一

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年6月3日第2923号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ