【企業を守るメンタルヘルスリスク管理術】第4回 体制づくり 管理職に研修徹底を 早期発見へ重要な役割/安倍 嘉一

2013.02.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

まず予防に注力

 既にこれまでの連載でも触れているとおり、社員がメンタルヘルスに不調をきたすと、欠勤や休職をさせることになり、場合によっては退職・解雇の問題が生じる。また、社員によっては、労災保険の適用を申請したり、会社に対して損害賠償を請求してくることもあるため、会社にとっては大きなリスクを抱えることになる。また、実際の業務の上でも、メンタルヘルスに不調をきたした社員は長期的な休養を必要とするため、フォローのために周囲の負担が増し、過重労働を余儀なくされるといった悪循環に陥りかねない。…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 安倍 嘉一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年2月4日第2907号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ