【攻略!改正労契法】第9回 高年者雇用措置と無期転換 非正規の安定が目的 65歳超へ適用は不合理/安西 愈

2013.03.25 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

派遣法では規定

1 定年再雇用者の適用除外は

 去る2月7日の労働新聞社、労働開発研究会共催の「品川きゅりあん」で行われたセミナーには、750名を超える出席者があり、今回の改正3法問題についての人事担当者等の関心の高さがうかがわれた。その際の質問で一番多かったのが、60歳以上の高年齢者について定年後の再雇用後通算5年の更新を行い、65歳を超えて更新した場合に無期転換制度が適用されるのかという点である。

 改正派遣法では、グループ企業内派遣規制や日雇い派遣原則禁止等において、60歳以上の者や60歳以上の定年退職者は適用除外としている。…

筆者:弁護士 安西 愈

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年3月25日第2914号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ