【攻略!改正労契法】第1回 壊れる日本型安定雇用 無期転換は必要か 個別紛争激増の恐れ/安西 愈

2013.01.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

倒産を回避する

1 日本型安定雇用システム

 わが国では、雇用システムとして、いわゆる終身雇用を前提とし、定年までの雇用保障が慣行的制度上認められている正社員と、景気変動に応じて雇用量の調整的雇用としての非正規雇用社員という2つの雇用システムの存在によって、高度成長を支え、今日までの経済の発展と社会の安定をみてきた。

 すなわち、資本主義の経済体制の下においては、常に景気変動がつきまとい、経済社会は変転きわまりないものである。そこでは常に好・不況の波が経済的原理から循環する。…

筆者:弁護士 安西 愈

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年1月14日第2904号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ