【攻略!改正労契法】第18回 パートの雇用対策 選択できる体系に 無期なら「中間社員」化/安西 愈

2013.06.24 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

有期法制と齟齬

1 有期雇用の半分占めるパート法適用者

 非正規の有期労働者が全労働者の約35%を占めるようになったということが、今回の有期労働契約に関する無期労働契約転換申込権を含む非正規雇用の規制を目的とした労働契約法改正の大きな理由である。

 しかしながら、雇用者数でみると、平成23年の正規雇用者数は、3327万人で非正規雇用者数は1802万人、非正規雇用者の雇用形態別の内訳をみると、パートタイマーが865万人(非正規雇用者に占める割合は48.0%)とほぼ半数を占めている。…

 ※本欄は5月27日付第17回の続きとなります。

 ※「攻略!改正法」シリーズは今回で終了となります。

筆者:弁護士 安西 愈

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年6月24日第2926号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ