【攻略!改正労契法】第7回 不合理な労働条件禁止(下) 「慰謝料説」が相当 自主的な是正を促進/安西 愈

2013.02.25 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

20条解釈で混乱

1 法的効果の混乱

 改正労働契約法第20条の「不合理と認められるものであってはならない」との法的効果については、同条が法的効果については何も定めていないことから、その解釈・取扱いをめぐっては以下の諸説のとおり混乱がある。

 ① 訓示規定説…本条は、「不合理と認められるものであってはならない」という、単に宣言的な規定をしているに過ぎないので、法的効果としては訓示規定であると解釈する。…

筆者:弁護士 安西 愈

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年2月25日第2910号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ