社福施設・人材定着対策 組織横断型会議の参加促進 東京都がガイドライン

2013.03.25 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

人脈や視野拡大へ

 東京都は、社会福祉施設における人材の定着・育成に向けて、新任職員・中堅職員に対する業務遂行能力の開発方法や精神面の支援のあり方などをまとめた「社会福祉施設におけるサービス管理ガイドライン」を作成した。現在の取組み状況を把握できるチェックリストを盛り込むとともに、現状に応じて今後実施すべき事項を明らかにしている。能力開発面では、指導担当者以外の先輩や上司も新任職員の課題を共有して職場ぐるみで育成に取り組むほか、育成対象者を組織横断型の委員会などに参加させ、施設内での人脈や視野を広げる経験を積ませるのが望ましいとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年3月25日第2914号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ