労働新聞 令和元年10月7日 第3227号

  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

◆1面◆(ニュース)

・ハローワーク 求人企業に「マイページ」 システム全面刷新へ 紹介機能を強化・迅速化 厚労省・20年1月予定
・4割で違法残業発覚 長時間労働事業場へ監督 厚労省
・職安法遵守を要請 リクナビ問題で業界に 厚労省

◆2面◆(ニュース)

・後継者試用雇用に補助金 円滑な事業承継促す 専門家派遣件数は増加へ 中企庁・令和2年度事業
・賃金引上げが4割 中小の人材確保策調査 帝国データ
・働く人の処遇向上へ 物流分野で同一賃金に対応 技能協セミナー
・テレワーク導入 金融保険で顕著 東京都報告書

◆2面◆(主張)

積極的に無期契約転換を

◆3面◆(ニュース)

・限定正社員で人材確保 秋田・石川に新拠点 介護離職防止へ転籍も SCSK
・生産性上がる職場へ 本社移転しオフィス改革 トリドールHD
・キャリア分断を防ぐ りそな銀行が大賞 大阪府の女性活躍表彰
・集中できる環境用意 個室型ブースなど新設 明電舎
・第二新卒対象に新採用制度開始 ゼブラ

◆4面◆(ニュース)

・薬粧連合 小林製薬労組など新規加盟 組織人員3万人に 連合加入方針を再確認
・ビルメン警備業 集団指導を実施 高齢者の安全対策求める 新宿労基署
・週休2日進む現場 作業所閉所で実態調査 日建協
・企業間格差の是正を重点に フード連合

◆5面◆(ニュース)

・HIV 面接時に告知義務なし 内定取消しは違法 感染有無確認も許されず 札幌地裁
・ミニストップを送検 月158時間の違法残業で 福島労基署
・介護の外国人受入れ 支援責任者に社長は不適格 千葉県・制度説明会
・情報提供の時期 遵守呼び掛ける 船橋労働基準協会

◆8,9面◆(賃金)

・【賃金事例】NTTコミュニケーションズ/年収3000万円超も可能に 高度専門人材へ新処遇体系 4階層ごと給与レンジ設ける
・【寸評】定着強化にも貢献 無期募集は大規模ゆえ/プライムコンサルタント 代表 菊谷 寛之

◆12面◆(事例研究・人事学望見)

難しい退職届取消し 人事部長の単独受理権限認める

◆14面◆(労働判例)

岡山市立総合医療センター(抗告)事件 外科医に配転命じ診療禁止、有効とした一審は 職種限定の「黙示合意」あり

◆15面◆(フォーカス・企業の好事例)

日産車体/長時間労働削減対策 深夜残業2年間に38%減の部署も 課で毎週業務棚卸し 月1回担当者が会議開く

◆16面◆(実務相談室)

・歩合給と最賃の関係は 基本給一部組み換える 固定部分のみ時給比較か
・解雇制限どうなる 「障害」が残った場合
・沖縄などで猶予なぜ 製糖業の時間外規制

連載記事

■今週の注目資料(4面)
平成30年労働安全衛生調査(厚労省) 労働者の58%にストレス

■ぶれい考(5面)
従業員満足度調査の功罪/学習院大学 副学長・経済学部経営学科教授 守島 基博

■ハラスメント防止法制と企業対応(6面)
第13回 近時の裁判例① ミス怒鳴り胸を突く 必要性なく不法行為に
/北浜法律事務所東京事務所 弁護士 小野上 陽子

■今週の視点(7面)
第三次産業の災害防止を 本社から店舗へ指導 見える化で危険洗い出し

■元漫才師の芸能界交友録(7面)
第12回 水道橋博士② 番組降板の真意を弁護/角田龍平の法律事務所 弁護士 角田 龍平

■同一労働同一賃金を踏まえた諸手当・福利厚生(10面)
第13回 退職金制度の導入① 長期勤続への対応を 上場企業は会計念頭に
/千葉商科大学 会計大学院 教授 可児 俊信

■社労士プラザ(10面)
RPA活用で生産性向上/社会保険労務士法人TMC 代表社員 岡部 正治

■努力義務化は目前!? 70歳までの就業機会確保(11面)
第1回 “骨太”で方向性決まる 雇用以外も選択が可能 将来的には義務化を検討
/東京学芸大学 教授 内田 賢

■働き方改革 悩める管理職への“道具術”(13面)
第13回 円滑な業務支える情報共有(1) 5項目で活動可視化 周知範囲や頻度定める
/マネジメントユースウェア研究所 代表 金津 健治

■今週の労務書(16面)
人件費の試算が重要に 『3時間でわかる 同一労働同一賃金入門』(山口俊一著、中央経済社刊)

労働新聞 第3227号 (2019年10月07日号)

労働新聞のバックナンバー

ページトップ