集中できる環境用意 個室型ブースなど新設 明電舎

2019.10.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈱明電舎(東京都品川区、三井田健取締役社長)は、本社内のリフレッシュスペースの全面リニューアルを実施した。周囲を気にせず集中して作業に取り組める「個室ワークブース」などを新設している。

 リフレッシュスペースには、ミーティング、カフェ、サテライト、スカイプの4エリアを設けた。このうち、個室型のブースを設けたのがスカイプエリア(写真)。ウェブ会議への参加や少人数での打合せ、集中力を要する作業を行いやすくしている。

 同社は、中期経営計画内に働き方改革に関する実行計画を定め、社員が働きやすい職場環境づくりを推進中。

ジャンル:
令和元年10月7日第3227号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ