安衛国際規格の45001取得 明電舎

2020.03.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈱明電舎(三井田健取締役社長)は、労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)の国際規格である「ISO45001」の認証を取得し、2月27日に登録証授与式を東京都品川区の本社で開催した=写真

 同社は国内4拠点でそれぞれOHSAS18001と呼ばれる安全衛生に関する認証を得ていた。今回のISO45001は会社として取得したもので、今後、全社的に共通する取組みの推進が可能になった。竹川徳雄取締役兼専務執行役員は、「部門間の連携が取れるようになった」と強調している。

令和2年3月9日第3248号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ