労働新聞 平成24年10月8日 第2892号

  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

◆1面◆(ニュース)

・非正規能力開発を抜本強化 企業の取組み後押し 学識者、実務家で検討会 厚労省
・契約期間通算で基準 無期契約転換へ省令案 改正労契法
・高年法への対応急務 安衛法は成立に意欲 金子事務次官
・労働委員会で個別紛争処理 各地域で相談会

◆2面◆(ニュース)

・多様人材活用企業を表彰へ 成果顕著な100社程度 好事例集まとめ周知も 経産省
・社労士業務の活性化へ大会 日本人事労務コンサル
・建設1.3万社に要請 災害防止対策の強化 東京労働局
・メンタル管理士 業務内容を紹介 関西で初の説明会
・紹介求人数が1割以上増加 23年度・人材協調べ

◆2面◆(主張)

奉仕心頼りの介護施設でいいか

◆3面◆(ニュース)

・復興工事で長時間労働 建設業の6割が違反 発注増による人手不足 仙台労基署
・荷先で被災7割も 荷主団体へ配慮要請 近畿圏の6労働局
・くるみん志望動機に 取得企業と意見交換会 埼玉労働局
・メッキ槽へ転落 防止怠り中毒死 川崎南労基署が送検

◆6面◆(労組)

・「医薬品連盟」発展的に解散 産別化の動きに幕 統合スキーム描いたが
・来春にも優先順位 横断的組織化の標的 連合
・ILO協中嶋滋氏 10月からビルマへ ITUC事務所長に

◆8,9面◆(賃金)

・【賃金事例】サラヤ/能力の蓄積・発揮度で格付け 役職手当へ役割・責任反映 5段階に区分し昇・降給も
・【寸評】安定感与える明確さ 目標管理へ統合し単純化図る/賃金システム研究所 所長 赤津 雅彦

◆12面◆(事例研究・人事学望見)

退職願受取りめぐる問題 客観的に明確な意思表示か判断

◆14面◆(労働判例)

関東工業事件 同業転職の営業マンに顧客情報持ち出され賠償請求 秘密事項として管理されず

◆15面◆(追跡レポ・企業の好事例)

八千代工業/多能工化推進策 手作りの訓練設備で研修 現場と同じ環境を整備 他工程も自由に経験へ

◆16面◆(実務相談)

・在宅勤務で深夜割増は? 労働時間の把握困難 事業場外みなし制を採用
・8割規制に抵触か 新事業所の派遣割合偏る
・印紙処理を一括したい 日雇労働者の保険料

連載記事

■改正労働者派遣法の実務対応(4面)
第14回 申込みみなし制度(1) 労働者に決定委ねる 派遣先の無過失は不適用
/高井・岡芹法律事務所 弁護士 米倉 圭一郎

■ぶれい考(5面)
人事担当者の基礎知識/㈱東芝 顧問 谷川 和生

■中国進出企業 労務管理ガイド(5面)
第37回 有給休暇の付与方法 本人の同意が前提に 時季指定権を規定で明記/曾我法律事務所 弁護士 曾我 貴志

■登壇労組リーダー(6面)
運動の発展通じ相互信頼を強化/労済労連 中央執行委員長 重富 健太郎

■今週の視点(7面)
継続雇用対象外指針は慎重に 「心身の故障」具体化 改正高年法「修正」部分 合理性、相当性が必要

■いただきまぁす(7面)
和蜂の蜂蜜、味の秘密/食文化研究家 中山 美鈴

■経営労務とコンプライアンス(10面)
第14回 社会的責任経営(2) 働き方の質に焦点 「ロハス」が労働分野へ
/社会保険労務士法人大野事務所 代表社員 大野 実

■人材ビジネス交差点(10面)
法改正で「日々紹介」に注目/ユニテックシステム(株) 取締役 営業本部長 浜田 親弘

■新任担当者のための基礎から学ぶ労働法(11面)
第37回 労働安全衛生法② ―安全衛生教育― 雇入れ時に実施義務 労働時間として取扱う
/石嵜・山中総合法律事務所 弁護士 安藤 源太

■高齢者を活性化する役割・実績給(13面)
第14回 実績給と実績評価 業績への貢献度で加算 部門別管理目標値を基準に
/梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

■今週の労務書(16面)
人を見抜く9の鉄則 『なぜあなたは、間違った人を採ってしまったのか?』(佐藤文男著、クロスメディア・パブリッシング刊)

労働新聞 第2892号 (2012年10月08日号)

労働新聞のバックナンバー

ページトップ