【いただきまぁす】和蜂の蜂蜜、味の秘密/中山 美鈴

2012.10.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

絵・有賀 敏彦

 厚切りのパンをややこんがり焦げ目がつくくらいにトーストし、バターがきれいに溶けた上から薄く蜂蜜を塗る、これが私の好きな食べ方で、さらに和蜂の蜂蜜ならばもうこの上なしなのです。

 蜂蜜は、野山の花の蜜を集めてくる蜜蜂たちの働きのみでできる、人類が知る最古の天然甘味料。レンゲやみかんなど単一の花の蜜を取る西洋蜂に対して、和蜂は椎や樫、梅、栃、栗、そばなどの小さな花を好み、季節ごとに咲くさまざまな花の蜜を採ります。いろいろな味が複雑に融合し、その百花の香りと凝縮された甘さにはなんともいえない深みがあります。…

筆者:食文化研究家 中山 美鈴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年10月8日第2892号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ