【いただきまぁす】諸国“雑煮”百景/中山 美鈴

2012.01.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

絵・有賀 敏彦

 頼まれもしないのにふるさと料理を訪ね歩いています。ふるさとの味のなかでも、雑煮について尋ねるのはなかなか楽しいものです。

 だしひとつとっても、昆布や鰹節、いりこ、焼き海老、焼きはぜ、干しふぐ、スルメ、鶏肉など地域によっていろいろ。具だくさんかシンプルか、青菜は博多のかつお菜のような伝統野菜か、あるいは「七草粥までは青菜は食べないので、入れない」か。三が日はみそを使わず、お澄ましというのが一般的ながら、近畿・四国(香川・徳島)だけは頑としてみそ仕立て。まるで正反対な考え方が成り立つのが雑煮のおもしろさなのです。…

筆者:食文化研究家 中山 美鈴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年1月16日第2856号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ