【いただきまぁす】地物を生かした八重山きしめん/中山 美鈴

2012.08.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

絵・有賀 敏彦

 石垣島に数日、滞在してきました。仕事明けのまま、多少はバカンス気分も味わいたくて。目に付くお客は20~30代でカップルも多く、シニア客が多い他の観光地とは大きな違い。はじけんばかりの若さが南国の日差し以上にまぶしかった。

 八重山諸島の中心的存在でもある石垣島は、離島のなかでは珍しく人口が増加しています。近年は避寒目的だけでなく、杉の木のないこの島が花粉症の人にとっては楽園で、長期滞在者は1000人以上。中心街にはオシャレな店もずいぶん増えていました。でも、おもしろいのは郊外。…

筆者:食文化研究家 中山 美鈴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年8月13日第2884号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ