【いただきまぁす】切り方ひとつで世界は変わる/中山 美鈴

2012.06.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

絵・有賀 敏彦

 食べ物は大きなものほど、包丁を使うときに苦慮します。

 たとえば、スイカを切り分けるとき、中央の部分に近いか隅っこかで、どうしても歴然たる差が出ます。きれいな三角形の、そのど真ん中が最もおいしいわけです。ところが、摩訶不思議な切り方もあるもので、どこからも中央の部分が入っている、そんな切り方もあって、いずれの部分にも斜め断面の形が必ず出てきます。それを教えてくれたのは数学の先生で、子どもたちのキャンプでいつも披露するそうです。図解を見てすっかり感心した私ですが、…

筆者:食文化研究家 中山 美鈴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年6月25日第2878号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ