【いただきまぁす】茶碗蒸しはメインディッシュで/中山 美鈴

2012.01.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

絵・有賀 敏彦

 寒い夜、ふと食べたくなるものに茶碗蒸しがあります。正月料理の残りの祝海老、煮〆の椎茸、蒲鉾、お餅。これだけあれば、あとは銀杏、青菜など入れれば、もう満点。だから、おせち明けに最初につくったのが、茶碗蒸しなのでした。

 なぜか、あれこれとわざわざ材料を買い揃えるより、こうやってたまたまあるものが幾つか揃ったという、それが食べ時で、私にとっての「茶碗蒸し日和」なのです。

 昆布と鰹節でだしをとって、溶いた卵を混ぜ合わせ、塩と薄口しょうゆで味を整えて、だしの効いた吸い物を兼ねていただいている、という風に仕立てます。…

筆者:食文化研究家 中山 美鈴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年1月30日第2858号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ