【いただきまぁす】日本的なる“和える”の妙/中山 美鈴

2012.03.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

絵・有賀 敏彦

 家電用品が進化していき、昔ながらの調理道具は台所からどんどん消えていくようです。すり鉢などはその筆頭でしょう。

 私の家には母の代から50年来使ってきたすり鉢が健在です。長く使い続けることで愛着もあり、また料理をすることで道具にもなじんでいます。このすり鉢で作るのは、炒ったごまをすってつくる和え物で、なかでも白和えはよく作ります。…

筆者:食文化研究家 中山 美鈴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年3月19日第2865号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ