【いただきまぁす】銀白の輝き、秋いりこ/中山 美鈴

2012.10.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

絵・有賀 敏彦

 色白で細身の体にブルーの眼をもつ、その姿の美しいこと。瀬戸内の浮島産いりこを初めて見たときは感動しました。「銀付き」と呼ばれる最高級は、その名の通りにみごとな銀白色に輝いています。水温が低くなって脂が乗る前の9月の今が秋いりこの漁期。新物の上物を手に入れるには絶好の季節です。いりこは水揚げしてすぐに煮干しにするため、鮮度が命。大きさは5~6センチほどが味よく、への字になっているのが新鮮さの証です。

 「煮干し」にはカタクチイワシ、ムロアジ、キビナゴ、トビウオなどがありますが、西日本でいう「いりこ」はカタクチイワシのことで、「煮干し」は総称。…

筆者:食文化研究家 中山 美鈴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年10月1日第2891号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ