【いただきまぁす】湯気の向こうにふるさと①/中山 美鈴

2012.12.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

絵・有賀 敏彦

 こたつを出し、冬物に衣替えをする頃から、温かな汁物がおいしさを増してきます。それも豆腐や大根、里芋、人参、白菜などの根菜や冬野菜がたっぷり入った具だくさん。立ち上がる湯気もごちそうです。

 近年人気のB級グルメですが、今年の大会で優勝したのは青森・八戸の「せんべい汁」でした。根菜や白菜などと共に鶏肉で旨みを出し、南部せんべいが入るというもの。醤油味あり、味噌味ありの南部地方の農村で作られてきた「ふるさと料理」です。地元ではせんべい汁用の「半熟焼きせんべい」が売られていて、いかに親しまれているかが分かります。…

筆者:食文化研究家 中山 美鈴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年12月3日第2899号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ