【いただきまぁす】めくるめく、釧路の夜②/中山 美鈴

2012.11.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「来るまで、待ってる」。

 「仕事仲間との飲み会がこれからあるので、すぐには行けない…」と言った後が、このセリフ。行かない女がいますか。ましてや、美味いものを見出す自分の直感を信じている私ですよ。

 「イカ刺しは、俺が引くともっと旨いんだ」と聞き、食べたそうにしていた私たちの表情さえ見逃してはいなかった、そのこともうれしかったんです。仕事仲間には「とにかく、親分が出て来いというんだから、行きます」と言い訳をして、「親分」の待つ飲み屋へと向かったのでした。…

筆者:食文化研究家 中山 美鈴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年11月19日第2897号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ