【いただきまぁす】秋の夕べに、里芋ころころ/中山 美鈴

2012.09.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

絵・有賀 敏彦

 夕暮れ時にどこからともなく煮炊きの匂いがしてくると、家路を急ぎたくなります。秋の夕焼け空を見上げると、亡き母の料理を無性になつかしく思い起こし、芋の煮っころがしなどを作りたくなるのです。フーテンの寅さんの好物は確か、「里芋の煮っころがし」でした。日本人が郷愁を覚える、里心がつく料理なのかもしれません。

 昔は十五夜のお月見にだんごとともにお供えしたのも里芋でした。この頃は夏の間も里芋は売られていますが、私は秋が来るのを待ちます。ススキの葉が伸びて風にひゅるひゅると揺れ、秋めいてくるころ、店先にころころとした小芋を見つけたら、嬉しいものです。…

筆者:食文化研究家 中山 美鈴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年9月24日第2890号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ