【いただきまぁす】そばか、そば湯か/中山 美鈴

2012.10.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

絵・有賀 敏彦

 焼酎は水で割るなら山の名水、湯ならばそば湯割りはいいものです。とろんとしたそば湯で焼酎の角がとれ、まろやかな味になり、酔い心地はやさしいものとなります。

 私はそば屋で出てくるそば湯にはそばつゆは加えません。そのままをお茶代わりに飲むほどに、そば湯が好きなのです。そば湯は薄すぎてはバカみたいで、どろどろに濃くてもまた飲みづらいものです。やわらかな鼠色に濁ったくらいをそば猪口で味わうのがいい。そして、清らかな水で茹でれば、そば湯の旨さは最上のものとなります。そば処が水の旨い山や高原地帯にあるのは自然なことなのかもしれません。…

筆者:食文化研究家 中山 美鈴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年10月22日第2893号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ