復興工事で長時間労働 建設業の6割が違反 発注増による人手不足 仙台労基署

2012.10.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 宮城・仙台労働基準監督署(丸山陽一署長)は、震災の復旧・復興工事現場における労働トラブルの増加を受けて監督指導を強化している。このほど取りまとめた監督結果によると、6割の現場で労働基準関係法令違反が発覚し、賃金不払いや違法残業を指摘するケースがめだった。とくに懸念されるのが元方事業者の現場監督や設計士などの長時間労働やサービス残業で、発注増に伴う人手不足が大きな原因となっている。今年4月から発注機関や元方事業者に対して復旧・復興工事現場での労働環境改善に努めるよう要請を行っている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年10月8日第2892号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ