マンション工事を合同でパトロール 仙台労基署・仙台労研

2016.11.03 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

sssefg1

 仙台労働基準監督署(岩渕範好署長)と仙台建設労務研究会は9月28日、あすと長町中央公園新築工事(施工:大林組)で合同による公開安全衛生パトロールを行った(写真)。当日は、仙台労研のベテラン会員で構成する顧問会も参加。行政と現場職員が気軽に相談できる雰囲気をつくった。

 同現場は、マンション新築工事で、作業所の整理整頓はもちろん、女性専用の休憩所設置や分煙の徹底などが実施されていた。岩渕署長が提案する「きれい・快適・健康」という新3Kが実践され参加者から高い評価を得た。

関連キーワード:
平成28年11月1日第2269号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ