メンタル管理士 業務内容を紹介 関西で初の説明会

2012.10.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 一般社団法人メンタルヘルス管理士協会(奥山恵一代表理事)は、同協会が認定する「メンタルヘルス管理士」に関する説明会を関西地域で初めて開催した=写真。同管理士の活用に興味を持つ企業の関係者など約60人が参加した。

 奥山代表理事が同管理士の役割を紹介。同管理士は、企業に雇用されながら、職場巡視のほか、勤怠データなどの分析を通じて社員のメンタル不調を予防・発見し、職場改善に向けた助言も行う。職場に配置すれば、厚生労働省が通達で示す「事業場内体制の整備」にもつながるとした。

関連キーワード:
平成24年10月8日第2892号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ